ニュース情報

制服姿のJKで賑わう渋谷の居酒屋、動き出しが早い高校生はお店のメリットにも

2017-12-16 13:21:09


渋谷センター街にある居酒屋「鳥放題 渋谷店」には高校生がぎっしり。多い日にはお客の8割が未成年だという。「サラリーマンの打ち上げ」「若い子が食べなさそうなものばっかりなイメージ」との声もあがるなか、なぜ高校生は居酒屋に行くのか。『けやき坂アベニュー』(AbemaTV)ではその理由に迫った。
http://news.livedoor.com/article/detail/14033598/

「新幹線各駅停車こだま酒場紀行」大竹聡著

2017-12-16 13:20:00


東海道・山陽新幹線で各駅停車する「こだま号」。本書は、うまい酒には目のない著者が、東京から博多までの新幹線の35の各駅に降り立ち、その地のうまい酒場を探して飲み歩く酒場エッセー。東海道・山陽新幹線グリーン車搭載誌に3年にわたって掲載されていたものに、新たな取材を加えて計44軒の酒場が収録されている。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/book/219642

増加する飲食店の全面禁煙化、どこまで浸透する?

2017-12-16 13:19:44


東京都は、2020年東京五輪・パラリンピックに向けて、公共施設や飲食店などの建物内を原則禁煙とする罰則付きの受動喫煙防止条例を制定する方針を発表していますが、屋内全面禁煙化の流れは東京都だけに留まらず、受動喫煙対策のため厚生労働省は法整備を進めています。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3152127

<キリン>東北のクラフトビールメーカーと連携強化 ホップ産地と市場の振興図る

2017-12-16 13:18:06


キリンビール(東京)が東北のクラフトビールメーカーとの連携強化を図っている。同社専用の東北産ホップを販売し、新商品の共同醸造や技術交流にも乗り出した。伸長する東北のクラフトビール業界で存在感を高め、原料のホップ産地と市場の活性化を目指す。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171215_32006.html

日系ビールが中国でダメだった理由—中国メディア

2017-12-16 13:17:34


日本のビール大手・アサヒグビールがこのほど保有する青島ビールの全株式の売却を検討し始めたとのニュースが、ビール業界に日系ビールの中国での現状を改めて考えさせることになった。
https://news.biglobe.ne.jp/international/1215/rec_171215_2999737400.html

お風呂上りのポカポカが持続する効果的な日本酒風呂の入り方

2017-12-16 13:16:24


米、米麹、水を発酵させて造る日本酒。近年の発酵食への注目度の高まりや、飲みやすい発泡タイプの登場で、若い人にも人気が出てきているように思います。
https://www.mylohas.net/2017/12/066383sake_diet.html

旭酒造 日本の食文化、広めたい NY州に進出「獺祭」別ブランド、酒蔵建設 19年春稼働 /山口

2017-12-16 13:14:53


純米大吟醸「獺祭(だっさい)」を製造する岩国市の酒造メーカー旭酒造が米国に製造・販売拠点「米国酒蔵」を建設する。桜井一宏社長が14日、岩国市役所で記者会見し「日本文化への理解を深める場、日本の伝統工芸に携わる若者が世界で活躍するきっかけの場にしたい」と構想を発表した。
https://mainichi.jp/articles/20171215/ddl/k35/020/531000c

第1回「ワインフェス」有楽町で開催! 100種以上のワインが大集結

2017-12-16 13:14:19


読売ISは2018年1月26~27日、「人形町酒店presents 第1回ワインフェス」を東京交通会館で開催する。
https://news.mynavi.jp/article/20171215-556799/

【KALDI】アウトドアにもママ会にも!割れないワインカップ&シャンパンカップが便利♪

2017-12-16 13:13:07


せっかくワインやシャンパンを飲むなら、専用のグラスを使いたいもの。でも、アウトドアや旅行先、小さな子どものいる集まりでは、割れやすく不安定なワイングラスを使うのをためらってしまいませんか?そんなときにおすすめなのが、〔KALDI(カルディ)〕で手に入る割れないプラスチック素材のワインカップとシャンパンカップ。
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Limia_148508/

とちぎのお酒で乾杯! 小山市 西堀酒造 門外不出 ベテラン杜氏の技、受け継いで /栃木

2017-12-16 13:11:43


日本酒「若盛」や「門外不出」を醸造する西堀酒造(小山市粟宮)は1872(明治5)年の創業で、初代の西堀三左衛門は滋賀県朝日野村(現東近江市)の出身だ。
https://mainichi.jp/articles/20171215/ddl/k09/040/269000c

ほろにが甘~い「ホットビール」の作り方

2017-12-16 13:10:59


ビール離れが進んでいるそうで、実感としてもビール系記事のスルーされ具合を感じている昨今ですが、「ホットビール」のご紹介。
http://news.livedoor.com/article/detail/14032104/

二日酔いの正体は“脱水症状”だった!?

2017-12-16 13:10:21


年末が近づき、この時季は忘年会も多くなってきます。忘年会の翌朝はグッタリで二日酔いに苦しむ人が少なくありません。でも、簡単に予防する方法があるのです。
https://weathernews.jp/s/topics/201712/140145/

「奥丹波」 キレでファン増

2017-12-16 13:09:22


丹波市市島町上田の山名酒造が看板商品として販売する純米吟醸酒「奥丹波」(木札)が、製造開始から今年で20年を迎えた。日本酒の消費が低迷する中、昔ながらの製法と地元で愛飲される味を求め続けて着実にファンを増やし、生産量は当初の約16倍に。
http://www.yomiuri.co.jp/local/hyogo/news/20171215-OYTNT50191.html

秩父初本格ビール誕生 苦味や渋味抑えた「ペールエール」タイプ

2017-12-16 13:08:40


秩父市の酒造会社「ベアーミートビアー」が十一月下旬、その名も「秩父麦酒」を発売した。苦味や渋味を抑えた「ペールエール」と呼ばれるタイプで、秩父産としては初の本格ビール。秩父は日本酒、焼酎、ワイン、ウイスキーのメーカーが集中し、全国的にも珍しいアルコールの一大産地となった。
http://www.tokyo-np.co.jp/article/saitama/list/201712/CK2017121602000136.html

<ささ結>ラベルが使えない!人気の新酒、急きょシールで覆う事態に…原因は農協の仕込み米出荷ミス

2017-12-16 13:08:06


宮城県が開発した銘柄米「ささ結(むすび)」を使い、大崎市の寒梅酒造(岩崎隆聡社長)が製造する人気の日本酒「ささ結」の新酒に、従来のラベルが使えなくなる事態が起きた。仕込み用に出荷されたみどりの農協(宮城県美里町)のコメが、ささ結の銘柄基準を満たしていなかった。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171216_13049.html

県観光物産館、新装オープン 12月24日までフェア 福島

2017-12-16 13:07:15


改装工事を進めていた福島市の県観光物産館は12月16日、リニューアルオープンする。事前内覧会が15日に開かれ、拡充した県産酒の販売コーナーなどが披露された。
http://www.minpo.jp/pub/topics/odekake/2017/12/post_6313.html

カシス男子、なぜ増えた? データが語る「平成お酒事情」 激変した「1杯目市場」 酔うから「楽しむ」に

2017-12-16 13:05:53


忘年会シーズン真っ盛り。来年で30年になる平成の経済の浮き沈みの中で、お酒の飲まれ方も大きく変わりました。「1杯目市場」の覇者だったビールの没落。甘いお酒大好きなカシス男子を生んだ「おこちゃま舌」。データには表れにくい日本酒ブームの実像。世界20カ国以上のお酒を飲み歩いたという「酔っぱライター」の江口まゆみさんと振り返ります。
http://news.livedoor.com/article/detail/14036555/

「酔っ払い」の体内では、どんなヤバいことが起きているのか?

2017-12-15 14:18:21


忘年会シーズン真っ只中な今日この頃。ただでさえ仕事が忙しいのに、お酒の席まで増える。体への負担が加速度的に上昇し、変調をきたす人も多いのでは?
それもそのはず。じつは、飲酒時の体の中は、私たちの想像以上にてんてこ舞いになっている。それゆえ、アルコールが分解される仕組みをきちんと知って飲まないと、失敗を招きかねない。
http://diamond.jp/articles/-/153136?utm_source=daily&utm_medium=email&utm_campaign=doleditor

飲み会が続いてもOK!太りにくい食べ方&翌日に気をつけること

2017-12-15 12:57:36


クリスマスや忘年会、新年会と飲み会やパーティーなどのイベントが続く年末年始。
楽しい飲みの場になると、ついつい食べ過ぎ・飲み過ぎになってしまうことも……。
https://woman.infoseek.co.jp/news/bodycare/lbr_145719

宴会での「食べ残し=食品ロス」を減らす5つの心得

2017-12-15 12:57:06


忘年会・新年会など、12月から1月にかけては宴会・飲み会が多くなる季節だ。宴会で残った食べ物はどこへ行くのだろう。食品ロス専門家の筆者が解説し、美味しく楽しく食品ロスのない宴会の方法を伝授する。
https://www.oricon.co.jp/article/360214/

飲食店専門税理士が指南 黒字倒産しないための飲食店経営のオキテ~助成金・補助金 編 ~

2017-12-15 12:56:32


助成金や補助金は借入とは違い、返済義務のない、「もらえるお金」です。しかしながら、この資金調達を飲食店の経営に活用するためには注意するべきポイントがいくつかあります。今回は助成金・補助金の活用に失敗した事例を参考にその活用方法を紹介します。
https://kaikeizine.jp/article/8376/

2017年12月14日 18時40分 公開 ビールを1500日飲み続けたグラドル、笑顔しかないインスタがとっても幸せそう

2017-12-15 12:53:56


自らを「ビール女子」と称し、来る日も来る日もビールを飲み続ける姿をInstagramに投稿し続けてきたグラビアタレントで女優の天野麻菜さんが12月14日、ついに1500日目を迎えました。
http://nlab.itmedia.co.jp/nl/articles/1712/14/news130.html

クラフトビールの次は「クラフトジン」が来る? スコットランド攻勢、日本勢は和素材アピール

2017-12-15 12:52:52


地域ごとに独自の味が楽しめるクラフト(職人技・手作り)ビールが流行する中、今度は蒸留酒ジンのクラフトが人気を集めそうだ。ジンはウイスキーと途中まで製造工程が同じなため、ウイスキーの産地スコットランドが日本へのクラフトジンの輸出に意欲を示す。
https://newswitch.jp/p/11358

2017年のワイン・トップ10! 米専門誌「Wine Spectator」が選んだワインはこちら!!

2017-12-15 12:50:45


2017年も残りわずか。この1年を振り返ってみて、読者の皆様にとって記憶に残るベストの1本は、どんなワインだっただろうか。
http://wine-bzr.com/topic/column/10111/

「岩手のワイン」追求し半世紀=エーデルワイン、主力銘柄は人気漫画にも

2017-12-15 12:39:59


海外のコンテストで上位入賞を果たすなど、世界の愛飲家が注目する日本ワイン。岩手県花巻市の「エーデルワイン」は、日本ワインを支える醸造所の一つだ。半世紀にわたり、地元の大迫町(2006年花巻市と合併)を含む、県産ブドウでのワイン造りに取り組んできた。
https://www.jiji.com/jc/v2?id=sake_trend_20171214

老舗の研究 新潟の岩の原葡萄園 ワイン用栽培、明治時代から

2017-12-15 12:39:21


新潟県上越市にあるワイナリー、岩の原葡萄園を創業した川上善兵衛は「日本のワインぶどうの父」と呼ばれる。勝海舟とワインを酌み交わしたのを契機に、豪雪地帯でコメ作りに向かなかった上越地域でブドウ作りを開始。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO24645320U7A211C1L21000/

【酔っぱらいライターのお酒見聞録】「特上・山田錦」だけの大吟醸 銘酒「龍力」醸す本田商店、元禄時代から酒づくりに従事

2017-12-15 12:37:47


山田錦といえば、言わずと知れた酒米の最高峰。その産地、兵庫県の姫路市に、特A地区産の山田錦を100%使用している酒蔵がある。銘酒「龍力(たつりき)」を醸す本田商店である。
https://www.zakzak.co.jp/lif/news/171215/lif1712150001-n1.html

グルメライター格付けチェック『赤ワイン』編 !「チリ産高級赤ワイン」vs「コンビニの赤ワイン」

2017-12-15 12:35:22


おそらく多くの若者は、将来「カッコいい大人」になりたいと願っているに違いない。カッコよさの定義は人それぞれだが「違いがわかる」こともカッコいい要素の1つであるハズだ。特にワインを口にして「これは……ブルゴーニュだね?」なんて言えちゃったらカッコ良さMAX、カッコいい大人の極みと言っていいだろう。
https://rocketnews24.com/2017/12/15/992886/

徳島・池田高生が日本酒製造 16日から販売

2017-12-15 12:34:05


池田高校三好校(三好市)の生徒が実習で製造に取り組んだ純米酒「大地の夢」が13日、出来上がった。実習は旧三好高校が2008年に始め、10回目。4月の学校統合後は初めて。
http://www.topics.or.jp/localNews/news/2017/12/2017_15132277286892.html

“謙信公の末裔”日本酒プロデューサー・上杉孝久氏、吉良上野介は「赤穂の浪人にとって仇ではない」

2017-12-15 12:32:01


日本酒ブームの仕掛け人の1人として全国を飛び回り、講演、セミナーだけで年200回をこなす。だが、この時期、さらにもう1つの件で腰を落ち着ける暇もない。
http://www.iza.ne.jp/kiji/life/news/171214/lif17121417300018-n1.html

【Sakeから観光立国】「正月料理」テーマに「1204和食セッション」

2017-12-15 12:31:11


和食文化国民会議(和食会議)連絡会議による、年に1度の交流会「1204和食セッション」が4日、都内で開かれた。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/171215/bsl1712150500003-n1.htm

「メガネ専用」日本酒人気 宮城の老舗「興味持って」

2017-12-15 12:30:47


宮城県栗原市の老舗造り酒屋「萩野酒造」が手掛ける日本酒「萩の鶴 メガネ専用」が人気だ。名前の由来は酒を造った蔵人全員が眼鏡を掛けていたから。
http://www.topics.or.jp/worldNews/worldTopics/2017/12/2017121501001085.html

山縣本店の酒がグランプリ (山口県)

2017-12-15 12:30:06


おいしい純米酒ナンバーワンを表彰するイベントが14日夜、東京で開かれ、周南市の山縣本店の酒がグランプリを受賞した。純米酒大賞は優れた純米酒を発掘することなどを目的に2009年から選定されているもので、今年は全国34の蔵から50の日本酒が選ばれた。
http://www.news24.jp/nnn/news8709957.html

福島・金水晶酒造店の金賞たたえる 東京で「純米酒大賞」表彰

2017-12-15 12:29:26


日本酒コンテスト「純米酒大賞2017」の表彰式を兼ねた「『純米酒大賞2017』金賞受賞酒を楽しむ宴」が14日、東京都で開かれ、純米酒部門で金賞に輝いた金水晶酒造店(福島市)の栄誉をたたえた。
http://www.minyu-net.com/news/news/FM20171215-228309.php

純米酒大賞 金水晶が2年連続の金賞 福島の味、認められた /福島

2017-12-15 12:28:38


福島市内で唯一の酒蔵「金水晶酒造店」(同市松川町)が造る「金水晶 純米酒」が、東京の日本酒プロデューサーらが主催する「純米酒大賞」で2年連続の金賞に輝いた。
https://mainichi.jp/articles/20171215/ddl/k07/040/105000c

【茨城発 輝く】ドメーヌ水戸 県産ワインブランド化、市街地の醸造所も個性

2017-12-14 13:11:23


水戸市の中心市街地を貫く幹線道路の国道50号。「ドメーヌ水戸」のワイナリーは、この国道沿いのレトロな建物「泉町会館」の中にある。一歩足を踏み入れると、醸造設備やワイン瓶が所狭しと並べられ、芳醇(ほうじゅん)なブドウの香りが立ちこめている。
https://www.sankeibiz.jp/business/news/171214/bsl1712140500002-n1.htm

クラフトビールでフランス料理 米国流のマリアージュ

2017-12-14 13:10:46


最初は甘味でソースの特徴を強め、次にフルーティーな香りで貝の生臭さを隠し、最後は酸味を甘いデザートに合わせて甘酸っぱさをつくり出そう――。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO24418900Y7A201C1000000

おうちでも作れる簡単カクテル☆3選

2017-12-14 13:10:10


おうちでお酒を飲む機会、みなさんもありますか?
夏なら喉越しの良いビールをキューーっと飲むのもおいしいし、寒くなってくるとお湯割りなんかもおいしいですよね。
https://life.news.biglobe.ne.jp/news/lifestyle/mic_171214_0139990076/

ワイン特区で初醸造…適用1号の3銘柄、塩尻で発売

2017-12-14 13:09:05


小規模ワイナリーの参入を促すワイン特区に認定されている塩尻市で、特区適用の第1号として6月に創業した「いにしぇの里葡萄ぶどう酒」が今月、初めて醸造した日本ワイン3銘柄を発売した。来年夏には自家栽培したブドウを使ったワインの出荷も計画。国産ブドウだけを使った日本ワインは消費拡大が期待されており、代表の稲垣雅洋さん(40)は「販路拡大にも力を入れたい」と話している。
http://www.yomiuri.co.jp/local/nagano/news/20171214-OYTNT50144.html

ふんわり握りたての「おむすび」と日本酒が楽しめる! 新感覚の「立ち飲みスタンド」が日本橋に誕生

2017-12-14 13:08:07


オフィスビルと日本の伝統を守る老舗の店が混在する、日本橋・小伝馬町エリア。そんな日本橋に2017年10月にオープンしたのが、『おむすびスタンド ANDON』だ。同店はおむすびをはじめとする食にこだわるだけでなく、イベントやスクールを開催し、食や文化の発信拠点にもなろうという目的をもって作られた「食×カルチャーの最新型長屋」だ。
http://blogos.com/article/264492/

<オトナの工場見学>もろみの甘い香り漂う 蔵王酒造(白石)

2017-12-14 13:06:35


ものづくりやさまざまな事業を担う工場の見学は子どもたちだけのものじゃない。大人が思わず行きたくなる工場を宮城県内で探した。
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201712/20171213_13044.html

福島・川内村 日本酒名は「歸宴」 原発事故後の特産品に

2017-12-14 13:05:36


福島第1原発事故後の新たな特産品にしようと、福島県川内村で開発が進む純米吟醸酒の銘柄が「歸宴(かえるのうたげ)」に決まった。福島大生らが考えた6候補に村民たちが投票し、190票中で最多66票を得た。
https://mainichi.jp/articles/20171214/k00/00m/040/101000c

秋田の酒蔵を子会社化 ドリームリンク、自社居酒屋で拡販

2017-12-14 13:03:44


居酒屋「半兵ヱ」などを全国展開する外食チェーンのドリームリンク(秋田市)は13日、日本酒「千歳盛(ちとせざかり)」で知られるかづの銘酒(秋田県鹿角市)を完全子会社化したと発表した。
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO2458997013122017L01000/

信州の酒「全国一」へ技術学ぶ 杜氏ら向け講習会 佐久で開始

2017-12-14 13:03:00


日本酒の仕込みが本格化する時期に合わせ、県内の酒造会社の杜氏(とうじ)らが専門家から醸造技術を学ぶ講習会が13日、長野県佐久市で始まった。地酒の品質やブランド力を高めようと、県や県酒造組合が昨年始動した「信州日本酒全国ナンバーワン奪還プロジェクト」の事業の一つで、初の試み。22日まで北信や中南信の計4会場でも開く。
http://www.shinmai.co.jp/news/nagano/20171214/KT171213BSI090011000.php

お酒のテーマパークが横浜に誕生。300種類の日本酒・焼酎・梅酒・果実酒に酔いしれる

2017-12-14 13:02:36


醸造所の見学に行くと、さまざまな種類のお酒を飲み比べすることができたりするものの、普段の居酒屋やバーでたくさんのお酒を一度に飲み比べするというのは難しいものだ。
https://news.mynavi.jp/article/20171213-556593/

神田まつや|種ものの具をアテに江戸の庶民の粋な楽しみ(そば/神田)

2017-12-13 13:07:38


蕎麦前について尋ねるなら、やはりここ『神田まつや』を置いてほかにないだろう。明治17年創業の老舗にして、庶民的ながらも粋な風情は今も変わることがない。かの池波正太郎がひいきにして通ったことでも有名だ。
https://woman.infoseek.co.jp/news/gourmet/matomeshi_article_2360

鳥貴族、値上げの苦悩は続く 月次報告に敏感に反応する株式市場

2017-12-13 13:06:57


急成長を遂げている居酒屋チェーン大手の鳥貴族。「和民」など総合的なメニューの居酒屋チェーンが苦戦する中、焼き鳥という専門性を打ち出したことと、280円均一(税別、以下同)という安さで人気を集めた。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/opinion/15/221102/121100546/

蛇口からビールが出てくる夢のような体験をしてきた!

2017-12-13 13:01:48


1997年に誕生した箱根ビールの20周年記念を祝うイベント「箱根ビール大感謝祭」が、東京の二子玉川ライズ・ガレリアで行われました。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3142273

ヤッホーブルーイング(軽井沢町) 地ビール 首都圏に照準 テレビCM、若年層開拓

2017-12-13 13:01:04


クラフトビール製造最大手のヤッホーブルーイング(軽井沢町)が顧客開拓に力を入れる。今期(2018年11月期)は首都圏で約20年ぶりにテレビCMを流すほか、イベントの開催などで若年層の購入を促す。
https://www.nikkei.com/article/DGKKZO2454133012122017L31000/

【京都観光】情緒たっぷりの空間で飲もう!町家でお酒が楽しめる店3選

2017-12-13 13:00:22


町家空間は和食だけでなく、カフェやバーとも相性抜群!そんな癒しの空間で、しっとりとお酒が飲めるお店を厳選。落ち着いた大人の時間をすごそう
https://www.oricon.co.jp/article/358896/