ニュース情報

飲みながら将棋を指せるバーでハイボール手に感想戦

2018-06-20 13:44:58


お酒を飲みながら、気軽に将棋を指せるバーが東京にある。将棋ファンたちで毎夜、にぎわっている西日暮里の「あるじゃん(argent)」だ。駒の動かし方から気軽に教わりたい人や対局相手を探している人にもピッタリらしい。
http://www.hochi.co.jp/entertainment/20180617-OHT1T50271.html

「アジア最高のバー50選」に日本から8店選出。『ベンフィディック』鹿山博康さんが喜び語る

2018-06-20 13:44:16


「世界のベストレストラン50」などで知られている老舗出版社ウィリアム・リード・ビジネス・メディア社が、「アジア最高のバー50」を発表。日本からは8店がランクインした。
https://www.inshokuten.com/foodist/article/4881/

酒は百薬の長、ではなかった。それでも飲むなら 飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題(3)

2018-06-20 13:40:59


お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。世の酒好きのなかには、「酒は百薬の長」という言葉が示す、飲酒の健康効果を信じたい人も多い。でもそれは医学的に正しいのか?
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/061800266/

日本酒 いま呑みたい1本 「北島」は抜群の酸味 “うまいもんの国”の酒は間違いない

2018-06-20 13:40:03


滋賀の酒造りは福島や秋田、山形、長野各県と並んで進境著しい。
思いつくままに滋賀の銘酒を挙げれば「大治郎」「一博」「笑四季」「七本鎗」「神開」「杣の天狗」……。滋賀はまさしく「平成の銘醸地」にふさわしい。
https://www.nikkan-gendai.com/articles/view/life/231551

剣菱酒造、木製道具の「製造工場」を公開

2018-06-20 13:39:10


清酒メーカーの剣菱酒造(神戸市東灘区)は19日、酒造りに使う木製道具を製造する「酒造道具木工所」を報道関係者に公開した。金属製が主流になる中、昔ながらの道具をつくる職人が高齢化し、入手が困難になっていることから、自社で製造することにした。
https://www.kobe-np.co.jp/news/keizai/201806/0011370312.shtml

「獺祭」とロブション氏が共同出店…パリで開業

2018-06-20 13:38:29


フランス料理の巨匠ジョエル・ロブション氏と日本酒の人気銘柄「獺祭だっさい」の蔵元・旭酒造(山口県岩国市)が共同で出店した複合レストラン「ダッサイ・ジョエル・ロブション」が19日、パリで全面開業した。ロブション氏は18日の報道関係者向けの発表会で、「この場所でフランス人に本物の日本酒を味わってもらいたい」とあいさつした。
http://www.yomiuri.co.jp/economy/20180620-OYT1T50055.html

宮崎の京屋酒造がクラフトジン「HINATA」発売 県内の女性バーテンダーと画家がコラボ

2018-06-20 13:35:02


宮崎県日南市の焼酎メーカー「京屋酒造」(日南市油津2、TEL 0987-22-2002)が6月6日、オリジナルのクラフトジン「HINATA」を発売した。
https://miyazaki.keizai.biz/headline/124/

サンシャイン水族館がビアガーデンに♪ かわいい海の生き物たちを眺めながら酒が飲める喜びを噛みしめよう…!

2018-06-20 13:33:08


もうすぐ夏本番ですねぇ。そして夏と言えば、ビアガーデンですよねぇ。
ここ2~3年のうちにスタイリッシュな店舗が続々オープンするなど、活気づいている印象のビアガーデン業界。その中でもひときわ異彩を放っているのが、東京・池袋にあるサンシャイン水族館のビアガーデンです。
https://woman.infoseek.co.jp/news/gourmet/pouch_514727

常温のビールを100円ショップのグッズで冷やす方法 5分でキンキンに冷却!

2018-06-20 13:32:16


今回のテーマは「缶ビール」です。海や川でのバーベキューや、屋外でのパーティーなどに缶ビールはもってこいですよね。暑いシーズンは特にキンキンに冷えたビールを飲みたいところですが、買ってきたばかりで「生ぬるかった……」と我慢しながら飲んだ方も多いのではないでしょうか?
http://ascii.jp/limit/group/ida/elem/000/001/685/1685385/

飛行機に乗ると、ワインの味って変わるの!?ロゼがいつもよりも辛口に感じるのには、理由があった!

2018-06-20 13:29:20


目的地がどこであっても、フライト中に飲むワインの味は格別。地上約1万mの高度になる機内では、アルコールが回りやすくなるのはよく知られているけれど、ワインの味が普段と違うと思ったことってない? でも、それは気のせいじゃないみたい。
http://www.elle.co.jp/gourmet/pick/wineonflight_18_0620

フレンチにパブも! 公募が生んだ福岡の新屋台がいまアツい

2018-06-20 13:28:19


夕暮れと共に屋台が引かれてきて、徐々に明かりが灯っていく――毎夜繰り返されるその光景は、福岡ならではの風物詩であり、福岡市民の誇らしい文化でもある。
http://blogos.com/article/296371/

ワインのコルク栓は捨てないで!オシャレな雑貨に再利用するアイディアをご紹介

2018-06-20 13:27:27


コルク栓は専用のオープナーで開けますが、こちらはその時の穴をもう少し掘って多肉植物を差し込むとキュートなオブジェになりますよ。
できあがったものにワイヤーを巻き付けて脚や取っ手を付け、さらに表情豊かに仕上げています。
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Folk_986676/

“結果”にコミット? アルコールに弱い日本人が「9%」飲料を好む意外な理由

2018-06-20 13:24:58


「9%」飲料が大ブレイクしている。「プシュッ」と開ければすぐ飲めるRTD(Ready To Drink)飲料――缶ハイボールやチューハイに始まったアルコール度数の高度化は、ビールテイスト飲料をも巻き込み、トップシーズンを目の前に売り場の棚争いはますます激化している。
http://news.livedoor.com/article/detail/14890646/

幻の酒米愛好家「オマチスト」が注目!第10回サミット開催直前 “雄町サミット2年連続受賞酒蔵”が日本酒の第3弾を7/1に発売

2018-06-20 13:24:11


富士錦酒造株式会社(本社:本社:静岡県富士宮市、代表取締役:清 信一、以下 当社)は、2018年7月1日(日)に、日本最古の酒米「雄町(おまち)」を使用した日本酒の第3弾「富士錦 純米吟醸 雄町(ふじにしき じゅんまいぎんじょう おまち)」を新発売いたします。
https://news.biglobe.ne.jp/trend/0620/atp_180620_6572107679.html

温度だけでここまで変わる!?「適温」で広がる食の世界 - SHARPの新挑戦に迫ってみた

2018-06-20 13:23:39


日常生活の中でよく見かけるこの表記。食べ物にも飲み物にも「温度」がありますが、この「適温」とはいったいどのような状態を指すのでしょうか?疑問に感じた経験のある人も少なくないのでは。
https://news.mynavi.jp/kikaku/20180620-sharp/

町田酒造が最高賞、国際鑑評会・焼酎部門…米国

2018-06-20 13:22:37


5月に米国で開かれた国際的な蒸留酒の鑑評会で、町田酒造(鹿児島県龍郷町)の黒糖焼酎「里の曙ゴールド」が焼酎部門で最高賞を受賞した。日本貿易振興機構(ジェトロ)によると、県内の蔵元が最高賞を獲得するのは4年ぶり2回目。
http://www.yomiuri.co.jp/kyushu/life/food-drink/20180620-OYS1T50050.html

阪急梅田駅に期間限定アンテナショップ 県の魅力PR、米や日本酒が人気 山形県

2018-06-20 13:21:43


関西圏に県産品の品質の高さ、魅力をPRしようと、県は19日、大阪市の阪急梅田駅に期間限定のアンテナショップ「おいしい山形プラザ阪急梅田店」をオープンさせた。旬を迎えたサクランボの他、日本酒、コメなど「美食県・美酒県山形」ならではの農産品、農産加工品がそろった。
http://yamagata-np.jp/news/201806/20/kj_2018062000427.php

日本の酒を楽しむ試飲会型イベント『STYLE J.SAKE』を9月1日(土)ホテルメトロポリタン エドモントにて開催

2018-06-20 13:20:54


特定非営利活動法人FBO(東京都文京区、理事長 右田 圭司、以下「NPO法人FBO」)ならびに日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(東京都文京区、専務理事/事務局長 日置 晴之、以下「SSI」)は、日本の酒は「素敵」「楽しい」「美味しい」をテーマに日本の酒を楽しむ試飲会型イベント『STYLE J.SAKE』(スタイル ジェイドットサケ)を開催いたします。
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0620/dre_180620_5381895329.html

筑豊地区の19歳、日本酒学ぶ 仕込みなど体験し「来年、乾杯を」 [福岡県]

2018-06-20 13:20:19


日本酒づくりを体験する「19歳の酒 僕と私のお酒で乾杯プロジェクト」が17日、始まった。筑豊地区などの男女6人が嘉麻市の寒北斗酒造で、製造工程の説明を受けた後、水田に苗を植えた。
https://www.m3.com/open/iryoIshin/article/609787/?category=news

都内に自社醸造所と併設バー設立プロジェクト、7月6日(金)までクラウドファンディングで支援求める。目標金額500万円の約6割到達、タンク搬入済み

2018-06-20 13:19:25


会社設立以来の夢である自社醸造へのチャレンジです。支援は5,000円から60万円まで、夢の共有へさまざまなリターンを用意しました。初回醸造酒を手にできるのは支援者だけです。バーに机と椅子を搬入し、オープンへ準備は着々と進んでいます。
https://www.value-press.com/pressrelease/203338

堀川沿いで日本4大ビールメーカー集まる「なやばし夜イチビール祭り」

2018-06-19 13:03:56


堀川沿いの納屋橋近くの遊歩道(名古屋市中村区名駅5、中区錦1付近)を会場に6月22日・23日、日本4大ビールメーカーが集まる「なやばし夜イチビール祭り BIG4」が開催される。
https://meieki.keizai.biz/headline/2560/

地域に感謝 ビアフェス 江津の石見麦酒が7月開催

2018-06-19 13:01:59


島根県江津市を地ビールで盛り上げようと、ビールメーカーの石見麦酒(江津市黒松町)が7月7、8の両日、同市後地町の道の駅・サンピコごうつで「石見地ビールフェスタin江津」を開催する。
http://www.sanin-chuo.co.jp/www/contents/1529374329343/

ワイン通への第一歩。まず名前を覚えたい有名な高級ワイン12選[20世紀を代表するワインindex]

2018-06-19 13:00:43


アメリカのワイン専門誌「Wine Spectator(ワインスペクテイター)」。ワイン業界に大きな影響力を持つ同誌は、1999年1月に「Wines of the Century(20世紀を代表するワイン)」を発表している。
http://wine-bzr.com/topic/column/10802/

「ダメ人間」だからできた? 東大卒が醸す銘酒新政 佐藤祐輔 新政酒造社長(上)

2018-06-19 12:59:50


日本酒の消費が低迷するなか、発売すればあっという間に店頭から消える「幻」の日本酒「新政」。その評判は遠く海外にまで及ぶ。手掛けるのは8代目当主の佐藤祐輔・新政酒造社長(43)。東京大学文学部を卒業し、一時は作家を目指すなどした異色の蔵元だ。
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO31760120U8A610C1000000

ワイン好きにはたまらない!「ワイン食堂Gottsu Vigore」東京・品川 

2018-06-19 12:59:12


常時100種類ほどの世界のワインをそろえているが、「希望のワインの銘柄を指定していただければ、それが店で扱ってないものでも、たとえ入手困難といわれるものでも、なんとか探して仕入れ、適正価格で提供します」と、ソムリエ兼オーナーシェフの森川秀一さんが胸を張る、ワイン好きにはたまらない店を発見! 
https://www.zakzak.co.jp/lif/news/180619/lif1806190003-n1.html

わかやま100年企業の挑戦  尾崎酒造 夢も広く大きく「太平洋」PR 貫く「地元第一主義」 /和歌山

2018-06-19 12:57:59


本州最南端の酒蔵で新酒の仕込み始まる--毎年11月、本紙に見出しが躍る。そんな晩秋の風物詩を提供してくれる尾崎酒造を訪ねたのはゴールデンウイーク明けの雨の日だった。
http://mainichi.jp/articles/20180618/ddl/k30/020/250000c

『杜氏組合のWEBサイトリリース!!』

2018-06-19 12:57:21


『杜氏組合のWEBサイトリリース!!』『日本酒造杜氏組合連合会』(略称:日杜連(ニットレン))は、この度、日杜連の活動を会員はもとより、関係各位、日本酒ファンの皆様に知っていただくため、WEBサイトを製作し、5月25日に公開しました。(https://nittoren.com)
https://news.biglobe.ne.jp/economy/0618/prt_180618_8527492682.html

世界中に広がる日本酒ブームはまだまだ継続中! | トロントの居酒屋風雲児【第30回】

2018-06-19 12:56:11


これからの時期は野外などでも色々なイベントがあるので、今から色々と予定を立てている方も多いかと思います。私たちも今年もいくつかのイベントに出店予定なので、今から少しづつ準備をしています。今年もどこかのイベントで皆さんとお会いできたら嬉しいです。
http://torja.ca/toronto-izakaya-30/

そうそう、求めていたのはこんな味! 日本酒と合わせて舌が踊る…なとり「ほたて塩焼」

2018-06-19 12:55:08


ほたての乾燥貝柱は、噛めば噛むほど凝縮された旨みが出てきて、誰もが好む一品です。でも、たまにはしっとりとしたほたてを食べたくなりませんか? そんなときにおすすめしたいのが、なとりの酒肴逸品シリーズ「ほたて塩焼き」です。
https://getnavi.jp/cuisine/267522/

酒を断つには、人間関係もリセットするしかない 飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題

2018-06-19 12:54:30


お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。いったん依存症になると、断酒するのはとても難しいと言われています。「元アル中」コラムニストで『上を向いてアルコール』の著者・小田嶋隆さんは、どうやって依存症から抜け出せたのか。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/061800265/

日本酒を世界へ!SAKE NIGHT2018が池袋サンシャインシティで開催

2018-06-19 12:53:39


6月16日(土)、池袋サンシャインシティにて大規模な「全国日本酒フェア」が開催。フェアに先駆け、前日の6月15日(金)に行われた「SAKE NIGHT 2018 from over Japan」にマガジンサミット編集部が潜入してきた模様をレポートいたします。
http://top.tsite.jp/news/gourmet01/o/40214554/

トンネル貯蔵庫で熟成の日本酒 80人が飲み比べ、能代市

2018-06-19 12:52:46


秋田県能代市の喜久水酒造(平澤喜三郎代表社員)のトンネル貯蔵庫で熟成された日本酒を味わう「醸蒸多知(かむたち)祭」がこのほど、同市柳町の旧料亭金勇で開かれ、県内外の約80人が15種類を飲み比べた。
http://www.sakigake.jp/news/article/20180619AK0015/

<ニュース深堀り>福島の酒 金賞銘柄数でV6 風評吹き飛ばす向上心

2018-06-18 12:53:21


全国新酒鑑評会の都道府県別の金賞受賞銘柄数で、福島県が6年連続の日本一を達成した。東京電力福島第1原発事故に伴う県産品の風評払拭(ふっしょく)の先導役として「福島の酒」への期待は高まる一方だが、蔵元関係者は「あるのは良い酒を造る思いのみ」と言い切る。
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201806/20180618_63036.html

関東No.1のレモンサワーを決める「レモンサワーグランプリ」開催!

2018-06-18 12:52:49


“安く飲めて酔えるサラリーマンの酒”というイメージだったのは、今や昔。最近はさわやかな飲み口がウケて、「レモンサワー」が若者を中心に再注目されている。
https://news.walkerplus.com/article/150099/

居酒屋激戦区の京都で後発店が負けない理由 店長が「スター」となる個人店の強さ

2018-06-18 12:51:58


居酒屋運営、楽コーポレーション(東京・世田谷)の宇野隆史社長の下には、一国一城の主になりたい若者が次々に集まる。最近になり、楽OBが相次いで京都に店を出した。その店を巡って、気づいたこととは? 新刊『たった3品で繁盛店はできる!』をまとめたばかりの宇野社長が店長の力の大事さを語ります。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/16nv/070100005/061300021/

角田光代の「もう一杯だけ☆ご一緒に」 ひとり飲みはたのしい 第3回:酒場だからこそ広がる濃厚な小説世界

2018-06-18 12:50:56


お酒と食が大好きな女流作家の角田光代さん。居酒屋で友人と肩を並べ、あれこれよもやま話に花を咲かせることも多いとか。そうした場面を切り取って、エッセイにしてカンパネラ読者にお届けしようという本企画。
http://business.nikkeibp.co.jp/atclcmp/15/040900081/061300004/

岐阜酒好物語 ウイスキーに使われる樽

2018-06-18 12:46:52


ウイスキーの蒸溜所見学をされた方は、樽(たる)の保管施設も見ていると思いますが、多くの方はおぼろげなイメージしかないのではと思うところ。そこで、樽について少し触れてみようと思います。
https://www.gifu-np.co.jp/play/osake/20180618-49949.html

故ジャイエ氏最後のワイン、1000本超に38億円 「ピノ・ノワールの王様」

2018-06-18 12:44:56


スイス・ジュネーブで17日、伝説的なフランス人ワイン醸造家の故アンリ・ジャイエ(Henri Jayer)氏が手掛けた最後のブルゴーニュワイン1000本超が競売に掛けられ、予想をはるかに上回る計3000万ユーロ(約38億円)で落札された。
http://www.afpbb.com/articles/-/3178885

【神様と暮らす #8】神棚におあげするお酒、お神酒のキホン

2018-06-18 12:40:02


月に1回お届けしている、御神札の正しいお祀りの仕方や日々の奉仕。今回は「神棚におあげするお酒」について解説しましょう。
https://woman.excite.co.jp/article/lifestyle/rid_Limia_218199/

アルコール依存症の人は、頑なに認めない 飲むべきか、飲まざるべきか、それが問題(1)

2018-06-18 12:39:27


お酒を飲む人にとって他人事ではないけれども実態はよくわからない「アルコール依存症」。最近では、酔っ払って問題行動をとった某グループのメンバーが、アルコール依存症ではないかということが話題になりました。
http://business.nikkeibp.co.jp/atcl/report/15/226265/061400264/

【ウエスト・サイド・エコノミー】米で焼酎の販路開拓本格化 オールジャパン体制、JETRO旗振り

2018-06-18 12:38:50


日本食の人気上昇とともに、米国でもすっかり「市民権」を確立している日本酒。その陰で、日本の左党にはおなじみの焼酎の存在感は、あまりにも薄い。対米輸出額(2017年)は日本酒が約60億円であるのに対し、焼酎は約3.9億円と寂しい状況だ。
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/180618/mcb1806180500002-n1.htm

筑豊地区の19歳、日本酒学ぶ 仕込みなど体験し「来年、乾杯を」

2018-06-18 12:38:15


日本酒づくりを体験する「19歳の酒 僕と私のお酒で乾杯プロジェクト」が17日、始まった。筑豊地区などの男女6人が嘉麻市の寒北斗酒造で、製造工程の説明を受けた後、水田に苗を植えた。
https://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_chikuhou/article/425459/

日本酒やワインは開けたらいつまでに飲めばいいのか

2018-06-18 12:37:36


店をやっていて割と良く聞かれる質問の一つに「日本酒は開けたらいつまでに飲まないといけないの?」というのがあります。
http://portal.nifty.com/kiji/180618203171_1.htm

「吟醸酒の父」三浦仙三郎の生きざまを映画化 オール広島ロケ目指す

2018-06-17 13:04:19


「吟醸酒の父」とされる東広島市出身の酒造家、三浦仙三郎(1847~1908年)を題材にした映画「吟ずる者たち(仮題)」の制作が決まり、制作事務局が広島県庁で発表した。企画や撮影のほか、エキストラやボランティアなども含め“オール広島”を掲げている。今年11月にクランクイン、来年6月に県内で先行公開を目指す。
https://www.sankei.com/west/news/180616/wst1806160038-n1.html

飲むだけでアンチエイジング!?白トリュフエキスを配合したアムリターラのオーガニッククラフトビール『DHEAVA』

2018-06-17 12:57:18


国産オーガニックブランド「アムリターラ」から、お酒なのに、美にうれしい、世にも珍しいクラフトビール、オーガニックビューティーホップ『DHEAVA』が発売された。価格は330ml・850円。
https://dime.jp/genre/558491/

「酒」倒産が増えている 「小規模店舗守るため」の酒税法改正が裏目?

2018-06-17 12:54:37


「改正酒税法」の施行(2017年6月1日)から1年が経過したが、酒類販売業者の経営状況は悪化しているようだ。帝国データバンクが「酒類販売業者の倒産動向調査」を2018年6月8日に発表。直近1 年の増加傾向が顕著という。
http://news.nicovideo.jp/watch/nw3598539

有名プロ野球選手も多数常連の「聖地」居酒屋あぶさん、30年以上ずっと繁盛の秘密

2018-06-17 12:53:29


東京・四谷三丁目の古いビルの地下に「居酒屋あぶさん」という店がある。開業は1986年6月30日で、まもなく32年の歴史を刻む。昭和末期にオープンし、平成の30年間も人気店であり続けてきた。今でも、特に週末は予約しないと入れないほどだ。
http://biz-journal.jp/2018/06/post_23720.html

【飲み比べ】新商品『超芳醇』と『匠の冴(さえ)』が加わった『一番搾り』ブランド。美味しい1杯を求めて3種飲み比べ【比較】

2018-06-17 12:51:44


発泡酒や第3のビールも美味しいものが多くなってきたこの頃。それでも、自宅でひと息つきたいときに、美味しいビールが飲みたい! というビール党の方も多いはず。そんなビール党に愛され続けるキリンビールの『一番搾り』ブランドに、『超芳醇』と『匠の冴(さえ)』の2つのニューフェイスが登場。おなじみの1本を加えて、贅沢に『一番搾り』ブランド3つを飲み比べてみることにした!
http://top.tsite.jp/news/lifetrend/o/40212875/

「病気知らずの体はビールから」医学博士がこう後押し!

2018-06-17 12:51:14


鉄を錆びつかせたり、食べものを変質させる原因「酸化」。人間の細胞や組織もこの酸化によってダメージを受けていて、さまざまな病気の引き金になったり、老化の原因とも言われています。
https://tabi-labo.com/288196/beer-health1

こんな「チーズ鱈」があったのか! あまりのウマさにお酒が追いつかない…扇屋食品「ふんわり削りチーズ」

2018-06-17 12:50:27


チーズ鱈といえば、コンビニなどでもよく売られている超王道のおつまみです。鱈の旨みにクリーミーなチーズが重なるその味わいに、ファンは多いはず。そんな王道ならばこそ、バリエーションが少ないのもまた仕方がないところ。今回は、そんなチーズ鱈の概念を覆す新しいアイテムを紹介します。
http://news.livedoor.com/article/detail/14871122/